カテゴリー



スプレッドとレート

  • FXトレードをこなう際にスプレッドが狭いとなぜ有利なのか。

    スプレッドとはレートの買いの値と売りの値の差になります。

    ですので、これが狭いほど投資家としては利益が得やすい状況にあることになります。

    この幅が広いと外貨を購入しても、購入した値より高くなるまで、幅が狭いときに比べて時間がかかることになります。

    ですので、短期トレードなどで利益を狙いたいと思っている方などはスプレッドの狭い業者を選ぶことをオススメします。